ブルーライトの発生源はどこ?

ブルーライトとは、聞きなれない方からすれば「青い光なんてそんなに見ないよ」、と思うかもしれません。しかしブルーライトはただの青い光ではなく、青い光と自分で認識して見れるものでもありません。ブルーライトは誰にでも身近なところに多く存在しています。

 

例えばブルーライトを発しているものはスマートフォンが一番多く、次いでゲーム、パソコン、液晶テレビとなります。こういった液晶画面には近年普及し続けているLEDが使われています。このLEDに、ブルーライトが多く含まれているのです。LEDは液晶画面のバックライトなどに使われており、液晶パネルの後ろや側面からさまざまな波長の光が混ざり合った白色光を当てることにより、画面の図や文字、背景などの色や形を表現しています。

 

LEDによるバックライトを使用していない旧来のブラウン管のテレビからもブルーライトは発生していますが、スマートフォンなどに比べれば少量しか発生しておりません。またLEDというのは光の直進性も強いため、よりブルーライトが目に直接的に入ってきてしまいます。しかしこういった機器は仕事においても日常生活においても今やなくてはならないものであり、ブルーライトが目に悪いからと簡単に使用をやめることはできません。ですが、こういった機器にはブルーライトを低減するフィルムなどを貼ることでブルーライトによる影響を低減させることが可能ですので、特に自分は心配だという方はそうした対策をおすすめします。