宅配弁当の安全性

食の安全性が問われる昨今、宅配弁当で心配ないの?と不安になる方がいて当然です。食品表示を信頼して買った食品が、実は偽装だったなどということも珍しくありません。そんな悪質な食品業者に引っかからないようにするには、宅配弁当業者を厳選する目を養う必要がありそうです。

 

実績のある業者かどうか
過去には、インターネットで注文したおせちがお正月に届かなかった、写真で見るより大幅に印象の悪い料理だったというトラブルが社会問題になったことがあります。これは、製造業者だけに責任があったというよりは、インターネットでおせちを安売りしていた業者に問題があったようです。

 

食の業界ではタブーや無理とされてきたことが、他業界から参入してきた業者に平気でくつがえそうとされることがあります。しかし、本当に食に重要なことは、いかに成分表示をするかではなく、作る人と売る人がいかに安全な食を提供するかです。そのため、飲食以外の業界から参入して日の浅い宅配弁当業者は、避けておいたほうが無難かもしれません。

 

それよりも、宅配弁当業界で実績の長い業者を利用するのが間違いありません。実際に利用している人からの信用が篤い宅配弁当から、始めてみてはいかがでしょうか。

 

食材や製造工場の安全性を報告している
宅配弁当の製造には、ただでさえ衛生環境の整った設備などが求められます。近場から届けてもらえるお弁当ですら十分に気をつけられているのに、遠くから冷凍の状態などで運ばれてくるお弁当には製造工程以外にも配達過程の心配などがあります。

 

食材、製造過程、配達過程のすべてにおいて、安全であることを約束している宅配弁当を選ぶようにしましょう。そのためには、宣言だけを鵜呑みにするのでなく、細心の注意を払って様々な側面をチェックすることが大切です。そのような情報が提供されていない業者も、疑ったほうがいいかもしれませんね。