眼瞼下垂症について

上まぶたが垂れ下がってきて目を開けにくくなる症状に、眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)というものがあります。先天的な場合もありますが、後天的になることもあります。

 

一般的には片目だけに起こる症状ですが、両目に起こることもあります。目が開きにくくなることから、日常生活にも支障が出てきます。視界が狭くなったり、疲労を感じやすくなるという特徴もあります。顔のバランスも左右で違うのが、鏡を見るとわかります。

 

眼瞼下垂症の原因は、先天的な眼瞼挙筋の形成不全がほとんどです。後天的な場合は、加齢と共に眼瞼挙筋が低下してしまうことで上まぶたが下がってくることがあります。後天的になるのは、疲労が蓄積されてが原因となることが多いものです。

 

ただし、この場合、重症筋無力症という病気の可能性もあります。脳に動脈瘤が出来てしまって、神経を圧迫しているために下垂が起こってしまうこともあります。また、脳梗塞が起こったときにも下垂が起こる場合があるといわれます。

 

日常的にも、コンタクレンズを長時間装着していると眼瞼下垂がこることがあります。眼瞼下垂に気がついたら、すぐに眼科に行って検査してください。先天性や脳動脈瘤の場合は、手術が必要になります。

 

自然に回復していく場合もありますが、いずれにしても医者に診せるのが先決です。眼瞼下垂症は、手術をすることで二重まぶたになることがあります。この場合、美容整形クリニックで行っても保険が適用される場合があります。